生活

日々の生活のことを書きます

サイコゴアマンを見た

新宿シネマートで公開中の映画、サイコ・ゴアマンを見た。80年代90年代の低予算特撮作品が好きだった少年が大人になり、当時やりたかったことをやりたい放題やり切った感じのあるすがすがしい作品だった。 -- 勝気な少女ミミ(8)は兄ルークと庭でクレイジ…

写経で文章がうまくなりたい 岡庭容疑者の半生に関して

コツコツ写経は続けているのだが、ブログにまとめるのが面倒くさくなって早3か月くらいたってしまった。人はこうして堕落していく。 正味4か月くらい写経を続けているが、自分の文章が上手くなったのかどうかはやはりよくわからない。誰かに見てもらったほう…

最近読んだ本 まとめ『テスカトリポカ』『聖の青春』『パルプ』など

最近読んで面白かった本をまとめておく 佐藤究 テスカトリポカ テスカトリポカ (角川書店単行本) 作者:佐藤 究 発売日: 2021/02/19 メディア: Kindle版 各種媒体で絶賛されていたので読んだ。率直にいうととんでもないものを読んでしまったという感想を抱い…

スノーピアサー ドラマ版 少々引き伸ばし気味な感じも

紹介 韓国の監督の作品ドラマ版 スノーピアサーの話1034両の列車の中にエコロジーシステムを再現したようなモノ 本作の舞台となるのは巨大列車スノーピアサー。近未来、大寒波で滅びた世界では、ウィルフォード産業が作った、永久エンジンを搭載する、巨大列…

最近読んだ本 まとめ 『新版ファイト・クラブ』 『ハーモニー』 『犬が殺される』 『永遠の最強王者ジャンボ鶴田』 

最近読んだ本の記録をまとめておく 『ファイト・クラブ 新版』(チャック・パラニューク) 1999年に公開された、デヴィッドフィンチャー監督、エドワードノートン、ブラッドピットダブル主演の映画版は見たことがあった。だが、こちらの原作版ははじめて。読…

「デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場」栗城文多にとってのデスゾーンとは何だったのか。

デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場 (集英社学芸単行本) 作者:河野啓 発売日: 2020/11/26 メディア: Kindle版 登山家の故栗城文多氏(35)は「冒険の共有」を合言葉に、自らカメラを回し登山の様子を撮影、時にはインターネットで生中継するという劇場型…

なんとなくYouTubeを始めてみた

社会人の皆さんはみんなそうだと思うが、働いているとあんまり余暇に時間をさけない。私は読書やゲームが趣味なのだが、仕事に行く時間や休憩時間にちょっとできる読書と違い、ゲームをする時間を捻出するのは意外と大変だ。私の場合はコンシューマーゲーム…

CBDワックスを試してみた 別に劇的に何かが変わるわけではない。

酔っぱらった勢いで、CBDワックスと吸うためのVAPE(電子タバコのようなもの)を購入してしまった。試してみたので効能のほど(あくまで私が感じた範囲)を記しておこうと思う。 そもそもCBDって何 まずCBD(カンナビジオール)とは何ぞやという話をする。10…

Shure SE215を買った

メルカリでいらないものを売ったものの、そのお金の存在を全く忘れていた。そんな折に、ちょうど忘れていた金額と同じくらいのイヤホンが販売されていたので勢いで勝ってしまった。 ShureのSE215である。ブルーカラーのモデルが、”初音ミク”のイヤホン。とし…

MVNOを2年半使った感想 やっぱり大手キャリアの方がマシ もちろん使い方による

2018年の中頃から約2年半、MVNO、いわゆる格安SIMの一つBIGLOBEモバイルを使ってきたのだが、諸事情によりキャリアに戻すことになった。 これまで、使ってきて感じたことをまとめておこうと思う。 もともと私はドコモユーザーだった。変えたきっかけは単純だ…

写経で文章がうまくなりたい11 座間9人殺害事件の現場に住む男

座間9人殺害事件の白石隆浩被告(30)の死刑が2021年1月5日(火)午前0時に確定した。白井被告はすでに、昨年12月15日に死刑判決を受けていて、21日に自身で弁護側の控訴を取り下げていた。 白石被告は自殺願望を持った男女を神奈川県座間市内にあるアパート…

サイバーパンク2077 50時間プレイした感想

サイバーパンク2077(スパイク・チュンソフト2020年12月10日発売)をハードモードで50時間ほどプレイ、終盤までストーリーを進めたので、感想をまとめておく。 (プレイ環境はPS4) たびたびの発売が延期、発売後もセーブデータがクラッシュするという致命的…

ファシズムの教室を読んだ 

結局情報の海に埋もれてしまった感があるが、しばらく前、堀江貴文氏のtwitter上での発言がひとつのきっかけとなり、広島県のとある餃子店が休業に追い込まれた話が話題になっていた。 餃子店を訪れたホリエモンご一行。一人がマスクをしていなかったことか…

写経で文章がうまくなりたい10 フェイクニュースが一大産業になった街、北マケドニア・ベレスの話

アメリカの大統領選挙が終了して、もう少しで一月立つ。昨日はようやくバイデンの勝利がほぼ確実なものとなった。いまだにトランプ陣営は何やら動きを見せそうな雰囲気もあるのだが、個人的にはひとまずほっとしている。だってあのおじさんヤバイじゃん。 そ…

写経で文章がうまくなりたい9 アカシア茶裁判について

全国新聞ネットが運営しているニュースサイト47newsにて面白い話題があったので、そちらを写してみた。執筆者は共同通信社の武田惇志記者。 www.47news.jp www.47news.jp 題材として取り上げられているのは”アカシア茶”裁判である。ことのあらましはこうだ。…

写経で文章がうまくなりたい8 ストロング系害悪論を大手はどう見ているのか

今回写したのは週刊東洋経済のオンライン版、東洋経済プラスの『ストロング系害悪論にメーカーはどう答える』という記事(無料会員に登録していないと見れない)。昨今いわゆる度数9%のストロング系チューハイに関して依存症専門医などから、度数が高いうえ…

メルカリは治安が悪い

ここ2,3年金もないし、捨てるのももったいないな、ということでメルカリをはじめとしたフリマアプリやヤフーオークション、ジモティなどを使って、不用品を売ったり、趣味のものを買ったりしてきた。使ってみてつくづく思うがメルカリは治安が段違いで悪い…

写経で文章がうまくなりたい6 週刊誌の皇室記事は面白い

写経をして文章をいろいろと分析してみてはいるが、自分の書くものに生かされているかどうかは全くわからない。まあ、細かいところには気が付くようになったかもしれない。ひらき、とじのバラツキ、誤字とか。ウェブメディアでも校閲が入っているところとそ…

写経で文章がうまくなりたい5 cakesのホームレス記事について

cakesに掲載された夫婦のライターユニット「ばぃちぃ」氏の執筆記事がSNS上で炎上した騒動からだいぶ日もたった。炎上させたい人、ちゃんと議論をしている人、研究者、ライター、編集者など様々な視点から意見も出てきたように思うので、ここいらで個人的に…

風呂なしアパートに住む 雑感 流行り病で詰む生活に

現在私は都内で、風呂なし家賃3万7000円(管理費込)の部屋に住んでいる。なぜかと言えば、非正規雇用の身の上でいつクビを斬られてもおかしくなく、固定費を下げていれば、この先来るであろう、失職も乗り切れる。そんなことを思ったからだ。いざ探してみた…

何故メルカリにはお宝をゴミのような値段で売る人間がいるのか

メルカリが好きだ。なぜかというと気軽に出品できる結果、商品の知識をほとんど知らない人間がバカみたいな値段でお宝を売ることがあるからだ。 昨日もとんでもないものが売られていた。メルカリを見ていた楽器好きなら恐らく全員オオっとなったと思うのだが…

写経で文章がうまくなりたい4 山谷のけんちん汁屋は町の盛衰をどう見ていたのか

今日読んだのは最近女性自身で掲載された記事『 『山谷のけんちん汁店』 84歳の店主が見た日雇い労働者の町の盛衰 』だ。 平成の初期から労働者の町通称山谷*1地区でテイクアウト形式のけんちん汁屋『大倉屋』を営む石橋新平さん(84)ヒロ子さん(83)の語…

写経で文章がうまくなりたい3 アナリストは株の急上昇をどう見ているの?

仕事が忙しいのにかまけて、写経した内容をブログにあげるのをさぼってしまった。まあ三日坊主にならなかっただけ良しとしよう。 ここ数日の変化として大きなものはない。ただ、普通に黙読で文章を読んでいるときも、いくらか文章の構造や細かい開く・閉じる…

写経で文章がうまくなりたい2 なぜコーヒーを飲むと調子が悪くなるのか

2週間ほど前から毎日写経を続けているのだが、文章の構造や句読点の打ち方によるリズムの出し方、そこに対する筆者の考え方みたいなものがわかってきたようなわかってきていないような気がする。写経をする中でじっくり読めるようになったからかもしれないが…

写経で文章がうまくなりたい1

ブログを書いているのだから、やはり文章がうまくなりたい。軽妙で洒脱な文章、あるいは論理構造が一貫していて、読むとすっと中身が理解できる文章。うまさにはそれぞれ基準はあるが、とにかく文章がうまくなりたい。 文章がうまくなるための方法は古今東西…

真女神転生3 HDR(リマスタード)をプレイした

10月29日に発売された真女神転生3HDR(HDリマスター)クリアまでプレイしたので、変更点やプレイしてみて感じた点をまとめていく。 (プレイ時間約40時間) 真女神転生3HDRの変更点 変更点と言っておきながら元も子もないのだが、真女神転生3HDリマスターは…

モータルシェルをプレイした 

今では一つのジャンルを指す言葉にもなったソウルスライク。毎年、インディ、メジャー、PC、プラットフォームで必ず何作か新作が登場する、人気のジャンルの一つ。2020年8月に発売されたモータルシェルもその一つだろう。本作は数あるソウルスライクゲームの…

さすがにモバイルWi-FiではPSNowは遊べなかった。

11月12日にPS5が発売される。そのローンチタイトルの一つがデモンズソウルのリメイク作品。2009年に発売され、PS3専用ソフトでゲームオブザイヤーも受賞した、名作だ。のちに続くソウルシリーズ(ダークソウル1・2・3ブラッドボーン等)の骨子となった作…

ザ・ボーイズ シーズン2を全部見た

ザ・ボーイズシーズン2を全部見た。冒頭3話の展開が個人的には悪趣味であまり見ていられないなと思っていたのだけれど、8話全て見切ると、冒頭の悪趣味な展開にもしっかりと理由があり、オチが付き、シーズン1と同様楽しめる作品だった。 全体的に見ると、シ…

高橋のぼる 『劉邦』 を読んだ。 歴史漫画でもやはり高橋のぼる作品だった

小学館の漫画アプリ、マンガワンで高橋のぼるの『土竜の歌』を読んでいたらよく出てくるお勧め作品『劉邦』を読む。主人公は中国前漢の皇帝、高祖・劉邦。泗水郡沛県豊邑中陽里(現在の江蘇省徐州市豊県)で生まれ育った町のごろつき、劉季。武勇も才気もな…